左目から見た世界

好きに生きるわ。

☆自分と向き合う

世界は自分の都合のいいようにできている

ほんまかいなと思って実践し続けてはや数年。世界は都合いいようにしかサポートしてこないってことがよく分かった。私にとって都合のいい現実しかこないんだもん。信じるしかない。 まぁ当然か。世界は私の中にあるんだから。

自分の体に落とし込む

自分の目で見て、自分の足で歩いてそうやって私自身をマーキングすることで、体に辻堂を馴染ませていく。 4年前、鶴見にきた時も同じことをした。自分の足で歩いて初めて、街が自分のものになっていく。

私が決める

私は新居を選ぶとき、家賃が安いか高いかで決めることはしないぞと思っていました。私が住む家なんだから私が決める。家賃に決められたくない。それだけは譲れない。だって安さで選んだ家が気に入らなくて、嫌々帰るなんてことになったら馬鹿みたいなんだも…

欲しいものをほしいと言う 2

欲しいものをほしいと言うのは、私にとってとても勇気がいることだから。何が何でもほしいばかりじゃなくて欲しいって言いたいだけだったり言えたらそれで満足だったり逆に「いらない」って言うのも勇気が要ったり。 欲しいと主張すること要らないと主張する…

欲しいものをほしいと言う

のは、私にとってとても勇気がいることだから。だから言ってみる。わたし家の中にコンビニほしい。本屋がほしい。銭湯がほしい。アトリエがほしい。花がほしい。光がほしい。カフェがほしい。お菓子がほしい。マスターがほしい♪

一日の終わりに

シェアハウスに戻るなり、自室に篭って布団に潜った。もう日差しが暑くてもおかしくないのに、昨日今日と雨は冷たい。肌寒いのが泣くほど嫌で、自分を早く温めてあげたくて。やることやらずに惰眠を貪ることを自分に許した。 これまで以上に自分に優しくして…

おかえり

幼かった頃の自分に戻ったみたいだ。引っ込み思案で自分の名前すら言えなくて、みんなの輪に入るのが怖くて一人ぼっちを選んでた。喋るのが特に苦手で。話しかけられたら嫌だからいつも下を向いていた。そういう根暗な部分もあるんだよね。 こんな自分がいる…

イメージを体に落とし込む

自分の理想とする生き方を、プランニングやイメージだけで終わらせず"体感"してみると、「なるほどこんな感じなのか!」と実感する。イメージを体に落とし込む。そりゃイメージも現実になる。

私にできること

ねえねえ、聞いて。 できなくていいんだよできないことを責めなくていいんだよだって知ってるよ一人で家事も育児も頑張ってることちゃんと見てるから頼っていいんだよできないところは私に任せて(๑•̀ω•́)و✧ (^_-)-☆

生きたいように

流されて生きるの結構好き。いや、流れに乗って生きる、かな。突如アクシデントに見舞われたりとか自分の力ではどうにもならないこととか翻弄されているように見えるけど全部自分が望んで起こしているとしか思えない。好きなんだ、生きるのが。人生で起こり…

あとは行くだけ

行きたい未来に行くために、現状の整理をしました。整理してみたら必要なものが意外と揃ってきてることが分かった( ´∀`)これから手離れていくものも分かった。 たくさんある未来の中の、私はこの未来に行く。もう迷わない、腹決めた。 覚悟が決まったら後は…

バイト後の珈琲休憩

バイト後に珈琲休憩を取るようになりました。コンビニのイートインスペースだったり、フードコートだったり。今日はマックで。休憩中に溜まったラインやメールに一気に返信しています。まめに返信をしていたら誰に何を送っていたのか分からなくなってしまっ…

未来を思い描く

月が水瓶座にあるからかな。理想100%の未来を思い描いてニヤニヤしていた。楽しいな。 この様子じゃあ、月が魚座に入ったら妄想の世界にどっぷり嵌っていそう。楽しいだろうな。好きなだけ夢を見ていられる。

ファッションチェック

待ち合わせの時間までファッションチェックしてみてる。本当はこういう女らしい格好より、Yシャツやスーツの方が好き。社畜萌……いやなんでもない。ビジネスマンとか憧れる。(格好だけね。)

理想を生きる

どんなに馬鹿にされてもどんなに馬鹿げていても私は自分の理想を生きるよ。私が私の理想を生きないと、誰がそれを生きるの。

スッキリ

髪切った。いくぜ私!(^^)/

他人として

私は今一度、夫を他人として接することに決めました。それは私が「家族」というものに甘えすぎていたから。もちろん甘えてもいいのです。でも私のそれは、自分をだらしなくするだけの甘えだから。 私は元々だらしない人間だけど、今のだらしない自分は好きじ…

自分らしく生活を楽しむ

2~3年前、こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んだ私は、こんまりさんの価値観、考え方に感銘を受けました。それからというもの、いつもかばんの中に入れっぱなしだった財布やハンカチ、ティッシュなども、それ専用の箱を用意して「今日も一…

私にとっての家事

私にとって、家事はどういうものかを考えてみた。家事は好きだし、自分では得意だと思っているし、私が担当することに何の不満もないのだけれど、「主婦=家事=私」には絶対になり得ないだろうと思っている。主婦をしている自分は好きだけど、主婦業を完璧…

ブレーカーが落ちた

ご無沙汰しております。と言っても5日くらい? 今月は9日に防災講演会、11日に旅行文化講演会、13日に沖縄ウチナー祭、24日に心理学セミナー、カフェバイト説明会や夫との3連休、何もない日でもお弁当作って散歩して小物作ってブログ書いて………と楽しい日々を…

やりたいことをやること

「今日はこれをやりたい」と口に出して それをやって やり終えたときの満足感、充実感が、すごく好き。この感じが好きだから 何でも口に出して言う。「お風呂に入りたい」 「珈琲が飲みたい」 「ごはんを作りたい」 「歩きたい」どんな小さなことも言う。 ど…

no title

2015年10月3日 午前2時45分母が息を引き取った。死亡診断書には、死亡原因が「癌性腹膜播種」と書かれていた。 末期がん発覚から3年半。母がいなくなったこと以外、この世界に大した変化は見られない。空は青いし川は綺麗だし日の光は暖かいし食欲は湧く。 …

このブログが好き

このブログは私が楽しくないと書けないブログ。楽しいとき幸せなとき嬉しいことがあったときそんなときに更新したくなる。 楽しくないとき不安なとき気が重いときそんなときには更新されない。書けないときは、何日でもブログを放置する。 無理に書こうとし…

「大丈夫」の世界

こんな日がずっと続けばいい終わりが来ないように 来ないようにそんな風に思っててそんなことを考えること自体に、物凄く疲れていたことにやっと気づいた。 終わりが、どうこうじゃない。続くことが、大事なんじゃない。幸せで、楽しくて、心の底から笑って…

本当の望みを知る

もう一人ではどうにもならないところまで来ている。助けを求めたい。カウンセリングに行きたい。…そう思いながら、私はカウンセリングに行くのを躊躇っていた。 警戒していた。ちょっと私の話を聞いただけの人に「ご主人のことを分かってあげなきゃ」とか「…

寂しさの正体 2

当時の私の泣きっぷりは尋常じゃなかった。狂ったように泣き叫ぶことしかできなかった。自分に何が起きているのか分からなかった。感情がコントロールできない。泣き叫ぶのが止められない。衝動が抑えられない。普通じゃない。私は今、普通の状態じゃない。…

心の栄養

食生活アドバイザーの資格を取るための勉強にて。参考書の一文が胸に刺さりました。 「食事を楽しみ、味わって美味しく食べているか?」 私はこの一文が欲しいために5万円も投資したのかも。 糖質、たんぱく質、脂質の栄養バランスとか摂取カロリーとか消費…

罪悪感

さっき、横浜赤レンガのミネラルフェスタで 自分にとって最高の石を買った。でも、今、怖くて仕方がない。 出会えて嬉しいはずなのに、手放しで喜べない。 今は罪悪感でいっぱいだ。今の気持ちを見つめるために、今から、自分の深くに入ってみようと思う。

なんにもしたくない

心の声がどんどんわがままになってきてる。今日も自分に 「今日は何がしたい?」 って聞いてみると 「なんにもしたくなーい」 って答えが返ってきた。…おいおい。ただでさえこの頃、ごろごろしまくりなのに(-_-;)自分に素直に生きたいとはいえ、主婦という立場も…