左目から見た世界

好きに生きるわ。

食生活学の勉強 11 「栄養」と「栄養素」

そもそもの話なんだけど
「栄養」「栄養素」の違いって、知ってるかしら?

実はこの二つ、意味が全く違うのよ。
栄養 = 栄養素 ではないの。
今回はこの二つの違いについて話してみるわね。


まず、「栄養」のことなんだけど
簡単に言えば
生命活動を維持している状態のことよ。
生命を維持するためには、食べ物を食べなきゃいけないわね。
その食べたものを消化して、吸収しなきゃいけないわね。
成長するのに骨や肉や血を作らなきゃいけないわね。
つまりそれらの、生きるためにカラダがフルで活動している状態のことを「栄養」と呼ぶのよ。
なので本来は、「栄養たっぷりなものを食べましょう」って言い方は正確ではないのね。
「生きるためにカラダがフルで活動している状態を食べましょう」って言うと、とても不自然に聞こえるでしょう。
でも、本来の意味がそうだとしても、私たちはもうニュアンスで言葉の意味を理解しているわ。
だからここで「本来の意味はこうだ!」と声を荒げたところであんまり意味はないの。
ただ、食生活アドバイザーを目指すなら、言葉の意味を正しく理解しておいた方がいいわ。
試験にもよく出るみたいだし。


次に、「栄養素」のこと。
私たちが本来使っている言葉の意味は、こっちの方ね。
栄養素ってつまり、生命活動を維持するために、体外から摂り入れる物質のことよ。
生きるために、食べ物を食べなきゃいけないわね。
「炭水化物」に「脂質」に「たんぱく質」、これらを食べなきゃ私たちは生きていけないわね。
つまり「栄養素」ってのは、これら物質のことなのよ。
先に例で出した「栄養たっぷりなものを食べましょう」ってのは、「栄養たっぷりなものを食べましょう」って言い方が本来は正しいの。
でも先に言ったように、そこを議論しても意味はないの。みんなが正しく理解してりゃ何でもいいのよ。
大事なのは言葉の使い方が正しいか間違ってるかじゃなくて、意味を正しく理解しているかどうかってこと。
正しい間違っているに固執しすぎて、理解を見失わないよう気をつけてね。


おまけ
この「栄養素」、現在のところで、大きく分けて5つに分類されているわ。

炭水化物(糖質+食物繊維)
脂質
たんぱく質

ビタミン
ミネラル

この5つを、5大栄養素っていうの。
その中で特に、

炭水化物(糖質+食物繊維)
脂質
たんぱく質

生命を維持するために、絶対に摂らなきゃいけないこの3つの栄養素を、3大栄養素っていうわ。
つまり、最低限この3つを摂らなければ、私たちは生命を維持することができなくなるから
最悪死んじゃうのよ❤
即身仏目指してるんじゃあるまいし、健康診断に引っ掛かったりお医者さんに注意されたわけでもないなら、過度にこの3つを排除するのも考えものだわ。
痩せてもミイラになったり健康を失ったりしたら意味がないのよ。
☆美☆や❤若さ❤を追求したい気持ちは、女なら誰だって分かるわ。
だからこそ、そういう人たちのために正しい知識って必要だと思うの。
せっかく痩せても実年齢より老けて見られたり、体力が衰えて自分でも老いを自覚するようになったら悲しいじゃない。
健康的に、美しく綺麗になってこそ美!!
健康や美は女性だけのものじゃないわ、それを願う全ての人たちのものだから、みんな正しい知識を手に入れて、楽しく生き生き暮らしましょう♪
なんだか女性視点で話を進めてしまった気がするわね。
まあでもいっか!



もうひとつおまけ話
近年に入ってから、5大栄養素に追加する形で、“6番目の栄養素”として食物繊維が注目されているわ。
食物繊維は、直接生命維持活動には参加しないけれど、便秘の予防・改善や、発ガン性物質の力を和らげる働きがあるらしいわ。
そのことから、病気の予防効果もあるとされて5大栄養素の仲間入りをしようとしているのね。
仲間入りはもう確定されたのかしら?
直接生命維持活動に関与しないのに仲間入りをするなんて、食物繊維って大した子だわ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村