左目から見た世界

好きに生きるわ。

岡山観光終了 その後 2

さてさて……
30年分のお母さんへの恨み・辛みを思いっきり吐き出させてもらいましたが、今何を感じているかと言うと……



疲れた~~~ぁヽ( ̄▽ ̄)ノ です。



疲れた。うん。
やっぱり、恨み続けるってとんでもなく疲れるんだわ。
それも30年。
いやー自分お疲れ。
やっと終わった~~~って祝杯でも挙げるか(笑)


あんだけ母さんのこと、許せなくてたまらなかったのに、憎まなくてもいいやと思えるようになってきた。

でもそうなるまでに、とても長い道のりが私には必要だった。
母さんのこと、育ててくれた恩人だと思おうとして、素晴らしい人だと思おうとして、自分が辛いのは嘘だ、そんな訳がない、お母さんの方がもっともっと辛いんだと必死に自分に言い聞かせようとしていた時は、周りに何を言われても、憎しみが増すばかりで辛かった。


「お母さんも大変なんだから」


「お母さんのこと、分かってあげなきゃ駄目よ」


そんな何も知らない周囲の言葉で自分の気持ちを抑えようとしても駄目、無理。
余計に辛くなるだけだった。


これまでと全く逆のことをしてみた。
お母さんを本気で憎むこと。
避け続けていた自分の苦しみに目を向けてみた。
恨み辛み憎しみ苦しみでグシャグシャになった自分がいた。
インナーチャイルドの自分は、なかなか私を許してくれなかった。
そりゃそうだよ、インナーチャイルドをここまで追い詰めたのは私だもの><

これまで母さんの言葉に耳を傾けることを一番にしていたけど、それをやめて
自分の言葉に耳を傾けることを一番にしてみた。

泣いて
叫んで
暴れて
壊して
本気で恨んで憎んで

腹の底に閉じ込め続けていたものを、ドロドロのグチャグチャになった怒りを解放し続けた。
実は横浜の賃貸マンション、私が暴れたせいでボロボロだったの。
引っ越す時、敷金ほとんど残らなかった。
夫が一番被害を受けたかも(^o^;)
でも「仕方ないさ」って許してくれた。
漢……!


「もう怒ってもいい。閉じ込めてごめん、我慢させ続けてごめん。お母さんのこと、大嫌いでいい。憎くてたまらなくてもいい。その怒りを我慢させ続けた私を恨み続けてもいい。それだけきみは辛かったんだ。」 と。


憎んで憎んで憎みきってから、それからやっとお母さんのこと憎まなくてもいいやと思えるようになってきた。
憎むことに、だんだん飽きてきた(笑)
そして、疲れてきた。
だから、もういいや、と。


私、お母さんのことが許せなくてもいいや。
お母さんのこと、大嫌いでもいいや。
感謝もしてるし、育ててくれた恩も感じてる。
でも、お母さんのこと嫌い。
不幸が好きな人と考え方が合わない。しょうがない。
でも、お母さんのこと好きなの。
お母さんが私たちを愛してくれていることも知ってる。
愛情表現が不器用すぎてやりたくてもできないこと知ってる。
それに、私は子供の頃から、お母さんの愛情を図るために色々ゲスいことやってきた。
お母さんにたくさんお金を使わせた。

『 自分のためにお金を使ってくれる = まだ自分は見捨てられていない、まだ育ててもらえる 』

↑こういう図式が間違いなくあった。
結婚して家を出た後も、何かと甘えてお母さんにお金を出してもらってたし、そこで愛情を感じようとしてた。
お金を出してもらえるとホッとしてた。
そこでしか母さんの愛情を感じることができなかったし、お母さんもそこでしか愛情をうまく伝えられなかった。
超不器用親子なの。

でも、そんな形でも愛情はもらっているわけじゃん?
いいじゃん、そんな愛の形があっても。
私愛されてるじゃん、大丈夫じゃん。
そんな不器用な母娘がいたっていいじゃん?
お金は母さんの愛情だったんだから、お金を使わせることに罪悪感を持つ必要はないし、それを喜んで受け取っても良かったんだ。
何も、問題に思うことなかったんだ。

なーんだ。
最初から何も問題なかったんだ。

お母さんのことが憎くても大嫌いでも大好きでも理解してもらえなくても


問題視するから問題になるんであって、最初から「まっいいや」って思ってたら何の問題にもならなかったんだ。


なーんだ。
超なーんだ(笑)


同じとこぐるぐる回って遠回りして、同じとこで躓いて同じ失敗何度も繰り返してきたけど
なーんもないことが、分かったよーw


でも、「だったら最初から気にしなければよかった!」とは思わない。
同じとこぐるぐる回って遠回りして、同じとこで躓いて同じ失敗何度も繰り返してきたからこそ、今に辿り着けたのだから。


悩まなきゃ、恨まなきゃ、苦しまなきゃ、泣き喚かなきゃ、何も分からないままだったよ。


最初から何も問題ないこと、教えてくれたのはきっと母さんだね。
母さんを恨むことしかできなかった私が
今やっと、母さんに感謝できる気がする。

ありがとう。
苦しくて、辛かったけど、でもそれが楽しかったよ。
あとね
ちゃんと育ててくれてありがとう。
何だかんだ言って、母さんはどんなに辛くても私たちのこと、投げ出さなかったんだよね。
感謝してる、ありがとう。

もう大丈夫だよ。
どんなことがあっても、きっと私は生きていける。
楽しいこといっぱい見つけるよ。
だから心配しないで。
心配なんて 『 気のせい 』 なんだからw


「全てにありがとう」の意味が
今の自分なら、きっと分かるかもしれないな。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村