左目から見た世界

好きに生きるわ。

知らざる自分

先日、夫に言われた言葉がどーーーーーっしても気になっていた。


「恥!」
「躾のなっていないガキ!」
「ありえない!」


これらの言葉に、まだ傷ついてるのか?
これらの言葉が、まだ許せないのか?
そう思ったけど、どうもそうじゃないらしい。

んで、3時間くらいずっと考えてた。
考えて考えて考えて


気づいちまったよ。
自分も知らなかった、もう一人の自分。


私、破壊するのが大好きだ。


≡≡≡⊂⌒~⊃。Д。)⊃ズサ━━━━!!


そう、そうだよ。
そういえばこれまでの半生、常に破壊を繰り返してきたじゃねーか!

物に限らず、人間関係、常識、他人の価値観、他所行き用の自分、いろいろぶっ壊してきたよなあ。

親に牙を向くためにわざと従順な振りして
バイトをわざと荒れるような辞め方して
常識、価値観、距離感、それらがなんかイイ感じの輪があればそれをぶち壊すようなことをして
なんか敵が多いと言いながら実は好きで敵作ってて
「お前ってこうだよな」と言われた瞬間に相手を幻滅させるような態度取って

それ好きでやっていたんだよ。
全部全部
それ嫌なことじゃない、私のやりたかった事なんだよ!!


私は色々ぶっ壊すために生まれてきたようなもんだ。

母体を通して生まれてくるのは、親に人生を捧げる為じゃない。
自分のやりたいこと、好きなことをする為に生まれてくるんだ。
それを知って、自分が母親を通して受肉した意味を理解した。


私、色んなもんぶっ壊したい。


あははははははは



エエエエエエエエェ!!



デストロイヤー≡≡≡⊂⌒~⊃。Д。)⊃ズサ━━━━!!



嘘やん
ほんまですの?
私、デストロイヤーだったんですのん?


でもでもでも
作るのも好きよ?

って当たり前だ

壊す為には、作ることが必要だろが!


≡≡≡⊂⌒~⊃。Д。)⊃ズサ━━━━!!


あっあっあっあ
なんかいろいろ見えてきた

私、料理好きじゃん。
食材切るの「なんか好きじゃん」
テーブルセッティングするの「なんか好きじゃん」

「なんか好きじゃん」の正体、破壊と創作じゃねーか。


野菜を「切る」「煮る」「炒める」「焼く」
これらは「形あるものを破壊する行為」
破壊した野菜を「混ぜる」「組み合わせる」「盛り付ける」
これらは「破壊したものを形にする行為」


ええええええエエエエエエ
私そんな理由で料理が好きだったのおおおおお!?


女の子らしくねぇ……w


って、「イメージぶち壊しとる」がな!!


≡≡≡⊂⌒~⊃。Д。)⊃ズサ━━━━!!
(今日何回滑りますの)


そうか、私、ぶっ壊すの大好きだったんだ。
夫に言われた「恥!」「躾のなっていないガキ!」「ありえない!」
その言葉に感じたのは「傷ついた」ことだけじゃねえ


夫の価値観や常識をぶち壊して喜んでたんだ。


うそ、まじかよ。
喜んでたのかよ私。

夫の驚いた顔
信じられないという目
常識的な家庭、父母姉のいる普通の家族、大きな挫折も失敗もない人生
結婚相手にはなかなか申し分ない
ぶち壊し甲斐のある相手だと思ってる。


悪魔か私は。
生まれてくる前、本当にお空の上で天使やってたんだろーな?


ああでも、やっぱり否定できない。
地鳴り上げて割れるような破壊衝動が確かに私の中にはある。
火山のような爆発なんて可愛いものだった
私の中にあるのはそんなものじゃない
長い年月をかけてやっと築き上げた文明を一瞬で終わらせるようなものだ。

それが常に腹の底で燻ってる。
壊したいよー><って。


まあちょっと待て。


まあ待て。
さすがに「今」いいよーって言うのはな。
でも分かった、分かったから
まあちょっと待て。


いや、まさか「のんびりしたーい^^」の正反対がいたなんて。
同じことを繰り返すのが好きで、すぐ飽きるという矛盾を持っている理由がやっと分かった。

ぶっ壊したかったのね><
ハイハイ。

早いとこ何とかしてやらんと
4年かけて作り上げた今の生活をぶち壊しそうだ(゜∀゜;


それに、せっかく「ぶち壊す」のが好きなんだから
なんか、それを上手く生かせることないかな?



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村