左目から見た世界

好きに生きるわ。

ただ「らしく」在りたい それだけ

「楽しいこと見つけなきゃ」と考えていた時の自分。


自分に起きた現象や物事、その時自分が受けた感情に、いちいち理由をつけていた。


「この現象が私に起きたのは、そういうことだったのね!」

「あれは、楽しいことが起こる前触れだったのかも!あの時の現象はそのサインだったのかも!」

「これがきっと試練なのね、私きっと乗り越えてみせる!」



うるせえよ。



そういうのが本当に好きならそれでいいよ。

好きじゃないのに頑張ったってしょうがないだろって言ってんだ。

そんなとこで頑張ってどうする。

そんなとこで無理してどうする。

らしくねえことばっかりやるから、別に嫌いじゃなかったものまで嫌いになるんだろうが。

好きじゃないならそう言えばいい。

好きじゃないと言って嫌われてもそれのどこが悪いんだ。

無理して自分を嫌いになるよりよっぽどいい!


らしくねぇーんだよ。

起きた現象に無理矢理「良い理由」つけるなんて。

私にとっちゃ、現象は現象。

「良い」も「悪い」もねぇーんだよ。

起きた現象にまで

無理矢理理由つけてコントロールしようとするんじゃねえや。


f:id:nonamed:20150709132120j:plain
6月 道頓堀にて


「なんかキモいの見つけた!これを見つけたのにはどんな意味が!?」

「うるせえバーカ。」



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村