左目から見た世界

好きに生きるわ。

里浜クリーンボランティア

散策を終えて駅に戻ってみると、ボランティアスタッフの人たちがいたので合流した。
ボランティア参加者のうち、最初についたのは私のようだ。

「いつ改札から出てきたの?」と驚かれた?ので、それだけ私もスタッフさんも、今日の活動を共にする仲間だと思わなかったのだろう。

集合時間が近づいてくると、参加者も徐々に集まってきた。

ボランティアスタッフ4名、ボランティア参加者6名くらい(ウロ覚え)の、計10名ほどが集まった。
60代のスタッフさん一人を除いて、ほとんど20代の若者だった。
土日を有意義に過ごしたい人や、会社やめて環境活動に参加したい人など、参加した理由は様々だけれど、みんな「新しいことに挑戦してみたい」という気持ちは、共通していた。

参加者が揃い、徒歩で里浜まで移動する。
団体で移動すると、当然お喋りは付き物だ。
さすが同じ志で参加した者同士、初対面でも会話が弾んでいるようだ(笑)

かくいう私は、話しかけられるまで特に何も喋らなかった。
里浜へ着くまでの道も、自然がとても綺麗で雰囲気に感動していたかったけれど、周りに人がいると気が散って出来なかった(笑)
そういうのは、一人の時でないと無理だね。


学生の頃は、集団行動が大嫌いだった。
何か話しかけなきゃいけないのかなと気を遣ったり、会話をしても気まずい空気になったり、気を遣うのがしんどすぎて、遠足や運動会、部活動の遠征も、とにかく嫌で嫌で憂鬱だった。

でも今は、他人にそんな気を遣うこともしないし、周りにグループができて自分一人になっていても、気にならない。
自分から話しかけに行かなくても、向こうから話しかけてきたらそれに乗るだけでいいし、すごくラクな気持ちでその場にいさせてもらえた。
f:id:nonamed:20150727121513j:plain
里浜に着いた。
めちゃくちゃ綺麗なところだった!

海水浴は禁止だけれど、ヨットやサーフボードをしている人たちや、海パン姿でビーチバレーをしている人たちがいた。
そういう人たちには、この暑さが気持ちいいだろうなぁ。

ボランティア側の私たちは、太陽に焼き殺されないように気をつけなければ(笑)

続く。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村