左目から見た世界

好きに生きるわ。

ベローチェにて

f:id:nonamed:20160310180749j:plain
防災講演会が終わった後は、鶴見駅前のベローチェでひと休み。

今日は朝から大雨です。龍神さま絶好調(笑)
f:id:nonamed:20160310180806j:plain
ブレンドコーヒーLサイズ

190円サイズを選んだのに、Lサイズが来ちゃった。

ゆっくりしてけ~ってことかしら(*´꒳`*)


私は一人で来たからって、カウンター席には座らなーい。

数人用の丸いテーブル席に座ります。

混んでいるならまだしも、席が十分に空いているのに広いテーブル席に座らない手はない。

だって私、ゆっくりしに来たんだもん。


というのをドキドキしながらやっています。


ひと息ついていると、頭の中で今日の出来事の記憶整理が始まりました。

その中で、私は今、あんまり幸せを感じていないことが分かりました。


幸せなんだけど、やりたいことやっているんだけど、感情が殆ど動いていないです。
あんまり幸せを感じていないけれど、不幸も感じていない。
水面に波が立たないように、私の感情も動いていない。
ただただ、穏やかな日常を生きている、幸せじゃないけど幸せな私。

心穏やかに生きることは、私の何よりの願いだったはずです。
その願いが今、十分に叶っている状態で
これ以上ないほどの幸せの中に、私はいるはずなのに。
かと言って、刺激を欲しているわけでもない。
この歳にして、余生を送るおじいちゃんおばあちゃんになったかのよう。

私はあまり感情が動かないタイプだったのかな?
前は確かに、キャラじゃないことして疲れたこともあったけど、ここまで感情に起伏がないこともなかったと思う。

私の中で、何が起きているんだろう?

目を閉じて自分を呼んでみましたが、答えはありません。
なので自分で自分を労っていました。
「今日もよく頑張ったね」
「いつもお疲れさま」
その流れで、「私がこうして好きなことしていられるのは、夫が頑張ってくれているおかげだよねぇ」と声をかけました。

その時、頭の中ではっきりと声がしました。
「夫ありがとう!大好き!」と。

その瞬間、涙腺が爆ぜました。
いきなりぶわっと涙が溢れたのです。
私、ベローチェで号泣してしまった。
寝たふりしてめっちゃ泣いてる。

そのとき分かってしまいました。
私、ずっと夫のことが嫌いなふりしてた。
嫌いじゃないのに、頑張って嫌いなふりしてた。
本当は好きなのに、結婚して実家から連れ出してくれたことも、今日も一生懸命働いてくれていることも、私こんなに感謝しているのに、どうしても夫を好きでいることが許せなかった。

今はまだここじゃ言えないけれど、私にはどうしても夫を嫌いでいなきゃいけない理由があった。
その理由で本当の気持ちに蓋をして
ずっとずっと自分を騙して傷つけていた。
だからこんなに苦しかったんだ。
だからこんなに感じられなかったんだ。
好きなのに嫌いなふりしていたから幸せを感じられなかったんだ。
嘘をついているから「夫のおかげだよね」と言っても喜びを感じられなかったんだ。

でも、「大好き」と声が聞こえた瞬間
感じたことがないほどの幸せがどっと押し寄せてきた。
「夫のおかげ」
「感謝してる」
「夫は私の人生の恩人」
どんどん押し寄せてくる。
そのたびにありえないほど幸せが湧いてくる。
今飲んでいる珈琲は夫が働いて稼いでくれたお金で買ったものだと思った瞬間、また涙腺が爆ぜた。
「ごめんなさい」じゃない
「ありがとう!」だ。

あー 私、感情が動かないタイプじゃない。
めっちゃ熱いもの持ってる。
230円の珈琲でボロ泣きするような女なんだ。
私が本当にやりたかったことは、ただの散歩じゃない、ただ穏やかに時間を過ごすことじゃない。

私はカフェで珈琲を飲んだり、暖かい日差しの中で散歩をしたりする穏やかな時間の中で、自分の中にある夫への気持ちを感じたかったんだ。

いつもほんのちょっとしたことで夫のことを思い出していた。
いいや違う、意図的に思い出すようにしていた。
「こうしていられるのも夫のおかげだよね」と、もう何度自分に言い聞かせたか分からない。
でも何も感じなかった。
いや、嘘。
今だから分かる。
私、自分がウザかった。
「お母さんと同じことしないで、しつこい」って感じてた。

やっとわかった。
私は、夫の中にある夫の気持ちを感じようとしていたからうまくいかなかったんだ。

やっとわかった。
人は他人の気持ちを感じることはできない、感じることができるのは、自分の中にある自分の気持ちだけなのだということを。

私は私であって、夫じゃない。
たとえ夫が私のことを愛していても、それがどんなに気高いものであっても、私は夫の愛を感じることはできないのだ。
私が感じることができるのは、夫の愛ある行動や言動で、自分が嬉しいと感じること。
自分の中にある夫への愛を感じること。
その気持ちを感じた瞬間、私の感情は動いた。
私はずっと、迷子だったのだ。
自分の気持ちを見失っている迷子。
でも見つかった。
あれほど動かなかった気持ちなのに、今は喜びとわくわくが止まらない。

ああ、私いま幸せだ。
やっとそれが感じられるようになった。

今私はどうしても楽しいことがやりたい、わくわくしたい、誰かと一緒に騒ぎたい。
その思いが止まらなくなって、私はベローチェを後にしました。
たっぷり1時間は泣かせてもらいました。
はーすっきりv
ベローチェさんありがとう(^0^)