左目から見た世界

好きに生きるわ。

夫をお金持ちにする64の習慣

品川駅で見つけた気になるものを2つ紹介します。
まず1つは、本屋さんで見つけた「夫をお金持ちにする64の習慣」です。

このタイトルを読んで、皆さまはどう思われたでしょうか。
「え、なんか厭らしい><」
「夫のことをお金としか見ていないみたい…」
そんなふうに思われた方も、もしかしたらいるかもしれません。

かくいう私は、なかなかド直球なタイトルについ手を伸ばしてしまったクチです。
そしてパラパラとページをめくってみましたが、書いてあることに感動しました。
夫をお金持ちにするために妻が習慣にしていること……
それは妻から夫への、愛ある行動そのものでした。
夫をお金持ちにするためにパジャマやシーツを毎日洗ったり、夫のやりっ放し癖を優しく見守ったり、夫に寛いでもらうために夫をVIP扱いしたり……と、「こんなの、お金のためだけじゃ絶対にできない!」と思うことがたくさん書いてあります。
それに引き換え私は、「家が散らかるから早く会社に行ってくれ!」とか、まー酷い(笑)
こんなことを思っていたら、お金持ちになる以前に長く続かない可能性すら見えてきます。
私、夫のことを大事にできていないですね、反省しました。

こちらでは本を買いませんでしたが(雨で濡れると嫌だし)、家に帰って夫に言ってみました。
「もううるさいことは言わないよ、脱ぎっ放しにしてもいいし、散らかしてもいいよ。電気やガス(風呂の)を付けっ放しにしていても怒らないよ。それだけ気が回らないんだよね、考えることが多すぎて。それだけ仕事が大変なの、分かるから。」と。
そしたら夫に「ありがとう!」と言われました。
びっくりしました。
てっきり「分かった」とだけ言われて終わると思っていましたから。
もっと反省しました。

あっちゃ~、やっぱり私、言い過ぎていたんだ、と。

どんなに家が片付いていても、掃除が行き届いていても、お花を飾っても、私が煩いことばっかり言っていたら寛げなかったよね、悪かったね、ごめんよ。
家を片づけて綺麗にしたいのは私なんだし、夫が散らかしても私が片づけたらいいんだ。
私が好きでやっているんだ。
好きでやっていることなのに、何を苛々していたんだろう。
本当に、ごめんね。

夫のためにどこまでできるか分からないけれど、私なりに愛ある行動を伝えていこうと思います。
伝わらなくても問題ありません。
私が好きでしていることだから。
上手くできなくても自分を責めません。
一生懸命していることには変わりないのだから。

この本は、私に大事なことを教えてくれました。
また後日、本屋さんに寄って見てみようと思います♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村