左目から見た世界

好きに生きるわ。

鶴見コミュニティカフェにて

7月開催予定のイベントに向けてレシピを考案中。
↓↓

f:id:nonamed:20160629222039j:plain
福島県のうどん工場から贈られてきた「奥州棚倉うどん」

茹でたてはコシが強くてモチモチ。

ほんのり塩味が効いていて美味しい♪

茹で加減を見るために何本食べたことやら(笑)

うどんの上にえごまを使ったドレッシングとめんつゆをブレンドした特製だれをかけて完成。


今回はイメージを見るために最低限の野菜しか盛っていませんが、当日は福島から届く新鮮野菜をトッピングしてもっとボリュームのある一品になる予定です。

うどんサラダの他にも、棚倉町の特産品を使った料理を考案中です。

美味しく作れるかなぁ。ドキドキ。


おまけ*

f:id:nonamed:20160629222115j:plain
6月30日は一年の半分、一年の折り返し地点。

この日は夏越の祓(なごしのはらえ)という伝統行事が日本各地の神社で行なわれます。

関西には夏越しの祓に食べる伝統的な和菓子、水無月があります。

その水無月を、感覚を頼りに作ってみました。

本物の水無月とはかけ離れてる気がする。(レシピ見ないから)