読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左目から見た世界

好きに生きるわ。

他人として

私は今一度、夫を他人として接することに決めました。

それは私が「家族」というものに甘えすぎていたから。

もちろん甘えてもいいのです。

でも私のそれは、自分をだらしなくするだけの甘えだったと気づきました。 

私は元々だらしない人間だけど、今のだらしない自分は好きじゃない!

本当に自分らしくだらしなくしている時は、心も体も満たされて幸せなのを知っている。

でも今はそうじゃない。今の自分はただの怠惰だ。

夫のこと、家族と思って甘えてた。

これくらい許してくれるよねとか

黙って見守ってくれるよねとか

他人には絶対にしないようなことを夫に対してしていました。


許さん!!


それは、夫にこそしてはいけないことでした!

夫は私。

夫を蔑ろにすることは私を蔑ろにすること。

夫に「蔑ろにされてる」と言われた意味がやっと腑に落ちた。

ごめんなさい!

だから、改めて他人になろうと思うのです。

他人だからこそ「親しき仲にも礼儀あり」が出来ると思うのです。

それを試してみたいです。

夫が他人なら、私はどうするのか。

夫にどんな風に接するのか、私が一番それを見たい。

結婚する前の私は私なりに夫に気を遣っていたはずです。

それで上手くいったから結婚できたんじゃないか。

馬鹿馬鹿。

私に「蔑ろにされてる」と言われないよう、頑張る!