左目から見た世界

好きに生きるわ。

女性力を高める薬膳ごはん

f:id:nonamed:20171014003801j:plain
Tさんから薬膳の本をお借りしました♪


帯に書いてある

「産みたい人も、産まない人も。

すべての女性が

知っておいて損はない、養生の知恵。」

が目につきました。

今の自分にとってすごくタイムリーだなと思いました。


私は現在子供を産んでいませんし、今後も産むかどうか分かりません。

しかしいつでも妊娠できる状態にしておきたいとは思っています。

それは今後、産むか産まないか、どちらを選んでも「やるだけのことはやった」と胸を張って言いたいから。

今の自分は、妊娠できる性別であることに目を背けています。

「妊娠」というワードを聞いたり、「子供はまだ?」と言われたりすると、表面上は笑っていても内心はドス黒い感情を感じていたりする。

そういうの、もうやめないか、私。


産もうと産むまいと、やるだけのことはやっておこう。

妊娠できる状態であって、その上でどうするか選び抜いた結果なら、それがどんな形であっても私はきっと受け止められる。

後悔にまみれる時はいつだって、自分で決めてこなかった。自分と向き合わずに誰かに選択肢を投げていた。


そんな生き方はもうしない。


どちらを選んでも後悔するなら、自分の意思で決めていこう。


Tさんの貸してくれた本が、次の一歩を踏み出す切っかけになってくれますように。

読むぞー!