左目から見た世界

好きに生きるわ。

夫作・コーンスープ

お腹が空かない、食べたいと思わない、そういった体からのサインに意識を合わせると、その理由が分かってしまって脱力しそうになる。

これまでやってきたことは何だったの?と、人によっては思うだろう。


薬を飲むために三食食べなきゃとか、しっかり栄養を取らないと治らないとか…。

いやいや、いま栄養摂ってる場合じゃないからお腹空かないんだってば。

自分で治せるから。そのために食べなくなるんだってば。

具合悪い時に獲物貪ってるライオンなんかいない。

何なら奴ら、吐いてでも胃の中を空っぽにするらしい。


私はこの感覚を身を持って理解したけれど、他人にこの感覚を伝えようと思うと難しい。

夫にごはん食べないから薬飲んでいないのがバレて怒られた。

食べることを強要されそうになり、必死で抵抗。

せめて「今なら食べられるかも?」と思うタイミングまで待ってもらった。
↓↓

f:id:nonamed:20180729134009j:plain
食パン、目玉焼き、夫作・コーンスープ。

夫が用意してくれました。

私が食べられるように、いつもの肉スープでなく、コーンスープを作ってくれたそうです。

わざわざ生のとうもろこしを買ってきたり、ミキサーを使ったり、かなり手が込んでいる。

だけど今の私では、その労力に報いる感想を言ってあげられない。

味が濃いのは分かるんだけど、どんな味か分からかい!

「味気ない」ってこういうこと?

こういう状態が続くと、生きているのが嫌になるのも分かる気がする。


ごはんの後の薬がこれまた苦い。

味が分からないのに、苦いのだけ分かる。苦痛。

胃がびっくりしたのか、変な動きしてる。