左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

★Twitter

一番行きたくなかった道に行こう

盛大にやらかし信用が一気にゼロになる。 また1からやり直すために今日はとことん振り返ろう。 一番行きたくなかった道に行こう。立派な社畜に私はなる。 いやそうでもないかマイナスよりはマシかもしらん。

僕らは何と戦っているんだろう

分かる人いたらまじで教えて。

相手を大事にするということ

それは相手が喜ぶことをするよりも、相手が嫌がることをしないことだと思った。相手が喜ぶことがしたいなら尚更に。

本当に抜きたいのは肩の力じゃなく

肩の力抜いて って言う割に体ガッチガチだ。否、体ガッチガチだから力を抜くことを意識するんだ。本当にのんびりゆっくりしていたらそんなこと言う必要ない。本当に抜きたいのは肩の力じゃなく、頭を縛る思考かも。しばらく何も考えたくない。 =============…

Moon Leo

歳をとって大人になって 老いていく自分を誇りに思いながら、幾つになっても変わらない理想の世界を作り続ける。私は死ぬまで表現者。 自分の世界が大好きな 自分の世界の王様だから。私は自国の民にこう思ってもらいたい。 生きていてよかったと。 生まれて…

残る者より 先立つ君へ

死は生の背中を物凄い勢いで押し上げる。 先に死んだ者を悼む気持ちがあるなら、生きろどんなに辛くても。 どうせ死ぬんだ最後まで生きて死ね。 自分のストーリーを最後まで歩め。 物語が完成したら先人たちのところへ行こうじゃないか。 酒をくみ交わそう …

その気持ちを忘れないで

私が子供だったとき 私はどこへ行っても自分じゃ居られなかったから。家にいても学校にいても 親や大人や同学年や 他人に気を遣ってばかりいて。 ==================== 私はいつも いつだって いつ 「自分」なのか分からない。相手に返す言葉は本当に自分の…

「表現者」で在りたい

買う側でいれば買うのを楽しむだけでよかった。けれど、売る側や提供する側に立った途端、これまでの自信なんて簡単に崩れ去る。 これまで自分一人楽しんでいればよかったものが、同業者という自分よりもスペック高い人たちを嫌というほど見て意識するように…

どんなに理想と現実が違っても

もしも私が人を雇用する側に立つならば 例えほんのひと時であろうと人生の一部をここで過ごすことに決めてくれたその人への敬意を忘れたくない。 この人のために自分に何ができるかを考えたい。もしもそんな未来に自分が立つなら どんなに理想と現実が違って…

私にとって幸せなこと

「自由になりたくて」 という理由で離婚したり 「自由に仕事したいから」 という理由で脱サラしたり それらを行動に移す前に 知っておかなきゃならないことがある。それは 「自分はどの程度自由になりたいのか?」 を、自分ではっきり認識しておくこと。 ===…

「何をして生きたいか」と思うよりも

私の場合、 「何をして生きたいか」 と思うよりも 「何をして死にたいか」 と思う方が 生きる目的もやるべきことも 明確にしやすく 自分がどういう人間か 理解しやすかった。