左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

chiroの過去世

さて、画像なしで、どうやって残りの2月をやり過ごそうか。


ん~~~

こんなことになるなら、先にエナさんとデートした時の話を書いておけばよかった!


中途半端に止まっている、エナさんとデートした時の話… http://nonamed.hateblo.jp/entry/2014/02/10/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%88_2


あっ、じゃあ、エナさんと一緒にハマカフェに入った時の話をしましょう♪


ハマカフェさんで美味しいランチをいただきながら、エナさんから素敵なプレゼントをもらったり、楽しい話をたくさんしたり♪
プレゼントは、画像がアップできるようになる来月に載せます♪

エナさんの話はどれもおもしろくて、耳で聞くより、心で感じるようなものでした。
さて、私はデート1話目で、このようなことを言っています。


http://nonamed.hateblo.jp/entry/2014/02/08/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%88

“そしてこの時すでに、私の過去生やらなにやら、いろいろなものがエナさんには見えていたようです。”


カフェに入って、ゆっくり落ち着いてから、エナさんはその話を聞かせてくれました。

私は過去、武士だった時代、中国の娘だった時代、中国の城のお偉いさんだった時代?、戦時中に兵士として殉職した時代の、少なくとも4つの時代に生きていたようです。

これらの過去世が、おっかまいなしにエナさんにアピールしていたようで、恥ずかしいやら申し訳ないやら///

彼らがなにを言いたいのか、エナさんは呆れることなく接してくれました。
そして私に、耳を傾けることを教えてくれました。

中国の娘だった時代は、親が厳しくてほとんど自由がなかった。
笑うこともほとんどない、窮屈な時代でした。

“自由になりたかった”

そんな彼女の想いを、空に返します。

“今は自由に生きられる時代だから、一緒に好きなところに行こう” と。

かんざしと金魚は、彼女の持ち物でした。
ひとりの時間、お茶を飲んでほっとくつろぐ時間を、何よりも大切にしていた娘だったようです。


中国の城のお偉いさんだった時代?は、娘時代よりもさらにややこしかったようです。
私には、厳しい顔をしたおじさんが見えました。
役職に縛られているのか、感情表現をとにかく厳しく律しているような、頑固ジジイです。
その性格ゆえか、家族も友人もいない、天涯孤独の身で一生を終えました。

自分からアッピールしてきたくせに、口を固く閉じてなにが言いたいのか分かりません。
頑固ジジイ💢

でも、寂しかったんだろうなと思います。
そんな彼の想いを、空に返します。

“今の時代は女だから、泣いて喚いて笑って怒って、めいいっぱいそれらを堪能しよう。今ならそれが許されるから”

エナさんが、「おっさんにピンクの服を着せてみようよ」と言ってくれましたが、おっさんの激しい抵抗に遭いました(笑)
黒はおっさんの自信色なんですって。


兵士の時代だった頃は、私は戦場で仲間とはぐれ、怯え逃げ惑っているうちに、茂みから敵に撃たれて死んだようです。
今の私よりも若い、29歳未満でこの世を去りました。

彼はどうしたいのか、はっきり私に伝えてきました。

“帰りたい”

本来の彼は、軍服を身に纏う兵士ではなく、たった一人の家族であるお婆ちゃんを大事にする、優しい青年でした。

そんな彼の想いを、空に返します。

彼が愛した故郷の、海が見える景色。
今世の、chiroである時代に出てきてまで帰りたかった故郷に、彼はやっと帰れたようです。


そして、個人的に一番面白かったのが……武士の時代(*^O^*)
続く(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村