左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

思いつくままに 22

瞼を閉じながら
目を開けているこの感覚ってなんだ?
あまり長くそこにいると、どんどん深いところへいってしまいそうで目を開けるけど。
怖くはないし、見たくないわけでもないんだけど
いつも深みに気づいたら そこでやめてしまう。
なんだろうこれ。
深く深いところの、もっとその先。
なにがある……というより
もう知っている気がしてやめた。

私には、前世や過去世を見る力はないんだけど
感覚だけなら分かるから
きっと深く深いその先には
それらがあることも知っていて
見ようと思えばいつでもできるんだと思う。

久しぶりになんか嫌だと感じた。
たかが茶っ葉をぶちまけただけで、酒の力を借りなきゃいけないほどのことでもないのに。

なんかいる。
見てほしいのか。
この感覚はなんだ。
まるですべてが手遅れのような
心が静かに停止していくような
こんな感覚を私は知らない。

こんな酒の使い方を私は知らない。

私の場合
なにかが見えたりするわけじゃないんだけど
同調したり当てられたりと、自分を見失うことが多々ある。
面白半分に片足突っ込めば、ろくな結果にならないことも経験したから、今は自分から足を踏み入れるようなこともしたくはないのだが。

でもこれは、“今”だと言う。
“今”だから出てきたのだと。
なにかが、今の私を選んで訴えていることには気づいたけど。
なんか嫌だ。今はそういうのしたくねえ。

今、せっかく日々が楽しいんだ。
本当に楽しくてしょうがねえんだ。
なんで放っておいてくれない。
…今なのか。
どうしても今じゃなきゃ駄目なのか。
この感覚はなんだ。


酒は万能じゃねえ。
嫌なことを忘れられても、そんなのただの仮初めだ。
逃げるのもいい。だが覚えておけ
どこへ行ったって逃げられやしねえよ。
逃げれば逃げるほど追い詰められる。
それに気付いた者から、腹括るか壊れるんだ。


なんで今、こんな文章が出てきたんだろう。
きっと私は考えたくなかった。
だから酒なんだろ。今日に限って。
近いうちに、きっと私は

きっとなにかを思い出すだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村