今日もどこかで生きている

生まれてきてよかったと思える人生を。

地球そっくりの惑星

今、なんとなく地球のことをぼんやり考えていたら……


地球そっくりの惑星、水も存在?500光年先に


ヤフーからスマホに、こんなニュースが流れ込んできた!

あははなんかすごい。

500光年先って、私は全然遠いとは思わない。

そりゃ歩いて行けば遠いに決まってるけど。

なんだろう、今はいろんなものがすごく身近に感じる。


例えば、手のひらに宝石が乗ってるのをイメージする。

それは自分の一番好きな宝石。

ダイヤモンドでもサファイアでも、ラピスラズリでもオパールでも、何でも。

どんな形でもいい。

何カラットでもいい、つるんと丸くてもいい。

磨いていない原石でもいい。

自分が一番欲しい宝石。

イメージできたらもう、その宝石は私のもの。

実物があるかないかは大した問題じゃない。

私がその宝石を手にしているかどうかが問題なんだ。

見える見えないは関係ない。

私には見えるんだから確かに在る。


本当は500光年先の地球だって、わざわざ歩かなくてもすぐに行ける。

でも、地球そっくりな星にいつか行くぞ!ってロマン自体がすっごく素敵だと思うから。

そして不思議なことに、500光年先の地球から見たら、こっちの方が500光年先の地球になる。

あはは、なんか変な感じ。

でも、これがどんなにすっげーーー!ことかは、考えなくても分かる。


今、思いつくままに喋っているから支離滅裂だけどすっごく楽しい♪


宝石どう?まだ持ってる?

私にしか見えないし、私にしか触れられない宝物。

実体がない分、絶対になくさない。

いつも私と共に在る。