今日もどこかで生きている

生まれてきてよかったと思える人生を。

強く在らねば

今日、ふたりとも起きたのが7時30分。

1時間も寝坊してしまいました(@@;)

昨日寝たのが1時30分くらい。

そりゃあ起きれなくて当たり前だ(>_<)


夫に朝ごはんをどうするか聞いたら、食べると言ってくれました。

「食べずに仕事に行くと、chiroが悲しむから」 って。

私の気持ちを考えてくれたのが嬉しかったです。



ううん、それは嘘だ。

本当は、私を理由にしないでほしいと思った。

だって私を理由にすると、あとあと喧嘩したときに「chiroのせいだろ!」って言うもん。

嫌だ。


でも今は、その言葉を喜んでみようかな。

本当にヤバいなら、見向きもしないで飛んでいくよね。

大丈夫だから、私を優先してくれたんだよね。

ありがとう、一緒にごはん食べよう。


大阪に引っ越すことが決まった時、夫は

「今より(帰宅は)遅くはならないはず。」

と言っていました。

言っていたというより、期待していたのかもね。

今より労働環境は辛くはならないだろうって。

でも結局、横浜にいた時と変わらない。

むしろ通勤時間が短くなった分、労働時間が長くなってる。

夫が言うこと、期待することって、大体真反対の結果になってる。

もし本当に期待があったら、結果が違った時、辛いよね。


私は、夫が仕事で帰りが遅くなること自体は気にしていない。

結婚する前からそういう状況だと話は聞いていたし、覚悟していたから。

でも夫の、どこへ行ってもいっぱいいっぱいで、疲れたと言ってばかりで、そんな痛々しい姿ばかり見ているのが、辛くなってきた。

今はごはんも一緒に食べてくれるし、お酒飲んだり会話をしたりする時間もあるけれど

ごはんも食べられなくなって、会話をする時間もなくなっていったら、私は今の自分で居られるかな。


ごめんね、弱い妻で。


夫がどんなにハードモードでいても

私はいつもどおり

「大丈夫」でいて

夫が倒れたとき、いざとなったらカバーできるよう動ける自分でいたい。

そう思って、時間的にも肉体的にも余裕ある自分でいようと思っているのに。

心の筋肉はヒョロヒョロだ。


強く在らねばと思う。

夫に何もしてあげられることがないならせめて

夫が私にタスクを割かないで済むよう

迷惑かけないように

自分のことは自分で面倒見られるようにならないと。