左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

自分らしさって

「平成OSAKA天の川伝説2015」に参加した時の、サイド話みたいなもの。

イベントが始まる1時間くらい前に北浜駅に到着しましたが、会場の川に向かって歩いていた時、ふと口を開きたくなりました。

そこで出た言葉に、私は思わず耳を疑いました。


「疲れた。」


…………え?


今、何て言った?


思わず足が止まります。

疲れた、って、え?


私、今来たとこだぞ?


イベントはこれから始まるんだぞ?

あれ?


私、「帰りたい」と思ってる?


ウソオオオオオオン。


でも、確かに今「疲れた」って言いました。

「帰りたい」と思いました。

私、数日前からイベントに参加することを楽しみにしていて

わくわくしながらここまでやって来たと思ったのに


全然わくわくしてませんやん。


私、全然楽しみにしていません。

嘘やん

ありえへん


私、全然楽しいと思ってない。


イベントが始まる前に、自分の本当の本音を知ってしまってショックでした。

思いに従って帰ろうか、帰るまいか?

悩んだけど、「まあせっかく来たんだから」と、自分を宥め宥め会場に行ってみました。


f:id:nonamed:20150707185535j:plain
芝生を見つけて、そこに座った瞬間、


はぁ~~~っ………(о´∀`о)


と、身体中の力が抜けました。

その時初めて「気持ちいい」と感じました。

「ここにいたい」と思いました。


私、自分が凄い勘違いをしていることに気がつきました。


私、「わくわくすることが良いこと」と思ってました。

あちこち出掛けたり、いろんなもの見たり、いろんなこと感じたり、楽しいこといっぱいやるのが「良いこと」だと思っていました。

全く逆のことをやっていました。


私、あちこち出掛けるの好きじゃねえわ。

ワイワイ騒ぐの好きじゃねえわ。

それよか一人でいたい。

なんもしないでボーッとしていたい。

動きたくねえわ。

働きたくねえわ。

無理して楽しいこと見つけたくねえわ。

無理だわ。私そういうキャラじゃねえ。


人混みの中で爆笑するところでした。

まさか「一番やりたかったこと」が「一番やりたくなかったこと」だったなんて。

「なんか楽しくないのは、一人で遊んでるからか?」とか、「友達いないからか?」とか思ってたけど、検討違いもいいところ。

らしくなかったんだ。

ずーっとらしくないことしてた。

だから「疲れた」んだ。


ああ、悪かった、悪かった。

ずっと無理させて悪かった。

らしくなかった。

もうやめよう。

いいよ、好きなだけボーッとしていよう。

で、「ボーッとするために外に出る」のはOKみたい(笑)

そういえば、見晴らしの良い景色とか、座れる芝生とか、公園のベンチとか、静かなカフェとか、そういうところばっかり遊びに行ってる。

自分はちゃんと「らしさ」を知ってたんだ。

私が勝手に無理してただけだったんだ。

あはは

超うけるw


f:id:nonamed:20150708123117j:plain
こういうのが全く飽きんのも納得。

「好き」だったんだな。

ええよ。好きなだけ、のんびりしよう。

死ぬまでのんびりしていていいぞ。

一生かけて休んでいてもいいぞ(笑)

「幸せ」だと思える一日を

一生かけて、積み重ねていこう。