左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

「嫁」被ってた 3

※愚痴吐いてるよ。


昨日、義両親との付き合いがしんどいこと(←私の猫被りが原因)を夫に相談したとき、こんなことも言われた。
↓↓

「気を遣いすぎるのもしんどいかもしれないけど、素のchiroを(親に)見せるのもまずいと思う。」



確かに素の私はヤバい。
クッソ我が儘だ。
好きなものは好きって言うし、嫌いなものは嫌いって言うし
やりたいことはやりたいって言うし、やりたくないことはやりたくないってはっきり言う。

自由奔放な私に対し、義両親は古き良き日本の常識を重んじるタイプ。
特に義母さんとは、性格が真反対だからこれまでも度々意見が合わなくて衝突している。
(義母さんの押しに負けて私が折れるのが常。)

そんな、火と油………じゃなくて水と油のような関係だから、私が我慢することでなんとか上手く行っている関係が、私が本性を出すことでめちゃくちゃになると不味い、と、息子である夫は読んでいる。


でも私、夫に相談する時点で自分の腹は決まってたんだよね。


もう我慢なんかしたくないっつーの。
やりたくないことまで「はい」って言いたくないっつーの。
年にたった2度ほどの付き合いでも、しんどいものはしんどいっつーの。
「嫁」が渋々義両親に合わせていること知っていて、それを良しとしてんじゃねーよ夫。
私を親に差し出すんじゃねえ。
親孝行や良い息子やりたいなら自分でやれ!
「常識」振りかざしてさも自分が正しいこと言ってるつもりになってんじゃねーぞ!
ばーか!



あースッキリ。
これがその場ですぐ言えるようになれればいいんだけど、感情が先に来て文章が追いついて来ないから言えた試しがないんだよね。あーあ。


しかし夫は夫で、義両親から私を遠ざけてくれたり、ブロックしてくれたり、彼なりに私を守ってくれているつもりらしい。

しかし何故だろう。
いざというところで義実家側に寝返っている感じがするのは。

普段は私の気持ちを汲んで優先してくれているようで、いざという時は私の気持ちより、親の気持ちを優先しているようにも見える。
(だから「お袋だってchiroに対して相当気を遣ってるし我慢してる」って言うんだろうな。)

本人はこれで、両親と私が仲良くなるよう試行錯誤しているつもりなんだと思う。

なんだかんだで、夫にとって両親は長年一緒に暮らしてきた家族。
いざという時ほど「良い息子」になって、私に我慢をさせるんだろうな。


やっぱりな、考えれば考えるほど、私が悪いと思う。

私が猫被ってたからあかんのや。

夫だって「chiroの実家では俺は格下」なんて思っていないから行くのを嫌がらないんだしな。

やっぱり、夫が何と言おうと我慢するのやめるわ。
関係が真っ二つに割れるかもしれないけど、もういいわ。
合わないなら合わないで仕方ないじゃん。
どーしても合わない人がいて当たり前じゃん。
人間だもの。

私だって「夫家で一番立場が弱い女」なんて思ってないわ。
なのに言いたいことも我慢しなきゃいけない状況っておかしいだろ。

なに私に言いたいこと我慢させてんだ。
ふざけんなよ。

今年のお盆、私を義実家に連れて行きたいなら連れて行きやがれ。
もう我慢しねーぞ。
どうなっても知らない。
いい嫁もしないし猫も被らない。
それでいいなら好きにしろー!!


f:id:nonamed:20150729103640j:plain
2014年4月 箱根 芦ノ湖周辺にて


もう我慢しなくていいと思うと、義実家に行くのが嫌じゃなくなってきた。

もう、どうなっても知らなーい。
関係が良くなっても、悪くなってもいいー。
夫の気持ちも知らなーい。
私は私で義両親と向き合ってみる!



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村