今日もどこかで生きている

生まれてきてよかったと思える人生を。

自分を大事にできなかった

女性性と男性性と、たくさん話をしたおかげで過去のことをたくさん思い出しました。

特に女性性、インナーチャイルドが私に思い出させてくれたことが津波のように押し寄せてきて、今とても切ない気持ちです。

f:id:nonamed:20160907213903j:plain
いま私、とても寂しい。

寂しくてたまらないや。

キラキラしたシャンデリアを見ていると胸が締め付けられます。

インナーチャイルドが呟きました。

「私、お姫さまになりたかった。」

一生に一度、お姫さまになることを許された日のことを思い出しました。

結婚式という、一生に一度の晴れ舞台。

この日だけはお姫さまになっても誰も笑ったりはしないのに、なのに私はお姫さまになることを自分に許してあげることができませんでした。


「私なんかのために結婚式してもらっていいのかな?」

「お金勿体なくないかな?」

「遠方から来なきゃいけない人も出てくるし、私なんかのために来てもらうのは申し訳ないな。」

「ブスな私が綺麗なドレスを着るのも申し訳ない」

「ピンクがいいけど青にしよう。私はピンクは似合わないから。」


どんだけ。

なんて酷いことを自分にしていたんだろう。

なんで自分にピンクのドレスを着せてあげなかったんだろう。

式場も、県外から来る人は大変だから負担が少ないようにと駅から近いところに決めて、そこは数ある式場の中で一番好きになれなかったところなのに、招待客を優先してそこに決めてしまった。

来てくれた人たちは喜んでくれたけど私は全然嬉しくなかった。

お金いっぱい使ったのに、後悔ばかりが残った。


馬鹿だ私。

悲しくてたまらない。

惨めすぎる。

私は自分にずっとこんな思いをさせていた。

悔しい。自分を大事にしてあげられなかった。

もう嫌だこんな思い。

謝りたい、自分に。

今まで酷いことをしてきて本当にごめん。


f:id:nonamed:20160907215907j:plain
本当に欲しかったもの、いっぱい買ってあげよう。

人からどう言われようとお姫さまみたいな服を着よう。
キラキラ光る石もおもちゃも、欲しいだけ買ってあげよう。

人からどう思われようと自分のことを褒めてあげよう。

ピンクが似合わないなんて二度と言わない。

可愛くないだなんて言わない、思わない。

私は自分が一番可愛いです。

私はそう思いたい。

私がそう思いたい。

自分が笑ってくれるためなら何だってする。

もう自分を傷つけたりしないと約束する。

わたしは自分が一番幸せなら、人からどう思われたって構わない。