左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

お母さんとの思い出

夜中にほっとひと息ついたことで思い出しました。

お母さんも仕事から帰って家事を終えたら、椅子に座って録画しておいたドラマをつけて、コーヒー牛乳やカップスープを飲みながらほっとひと息ついていました。

仕事から帰ってくるのが既に夜中で、そこから家事全般を一人でやっていたお母さん。家事が終わるのはいつも日付が変わった後でした。

朝も早いのに、家事が終わったらすぐに寝ることはほとんどなくて、寝る前には必ずひと息つく時間を作っていたお母さん。



私はお母さんのことをよく見ていたんだな。

いいところも、嫌なところも。
好きなところも、嫌いなところも、お母さんが好きだから全部見てた。

私はお母さんみたいな生き方はしたくないけど、ほっとひと息つくこの時間は好き。
好きなところは似たままでいい♪

これもきっと、お母さんがくれた大事なもの。
大事なものは、形に残るものばかりじゃないんだね。