左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

シウマイ

f:id:nonamed:20181015173304j:plain
脱皮失敗してから

一人(人?)で生きられなくなったシウマイ。

体の毒素を全力で排出しているのか、水流を生む勢いで汚れた水を排出している。

あっという間に水が汚れる。

目を離した隙に、汚れた水の中で窒息しそうになっている。


頻繁な水換えと、人間の手での移動を必要とすることになったシウマイ。

今のシウマイの姿を見ると、昨日読んだ本の一文がリフレインする。


「今の医療は、死を敗北と言わんばかりに延命する。患者が家で息を引き取ろうとしていた時、家族に見守られながら旅立つことが自然であったはずなのに、その患者は誰もいない病室でおよそ10ヵ月間生かされ、誰も見ていない隙に一人で息を引き取った。」


シウマイのこれは、私の手によって生かされている点では、不自然と言っていいだろう。

シウマイにとってこれは幸せなのかなと思う反面、そもそも生まれからして、サワガニにとっての自然ではなかったとも思う。

スーパーの鮮魚コーナーにいたシウマイ。

食用として育てられ、美味しく食べられるのが運命だったシウマイ。(私みたいに飼う人もいるだろうけど。)

自力ではどうにもならない環境で、今日までシウマイは文句一つ言わず生きている。

喋れたら文句の一つも言いたかったかもしれないが。


今は私も、そんなシウマイの側にいようと思う。

今までろくに手をかけなかった分、お世話させていただこう。
シウマイの気持ちが分からない分、私に後悔が残らないように。