左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

一日の終わりに

f:id:nonamed:20190427204743j:plain
シェアハウスに戻るなり、自室に篭って布団に潜った。

もう日差しが暑くてもおかしくないのに、昨日今日と雨は冷たい。

肌寒いのが泣くほど嫌で、自分を早く温めてあげたくて。

やることやらずに惰眠を貪ることを自分に許した。


これまで以上に自分に優しくしてあげたいと思う。

いや、ちっとも優しくなかったかも。

頼る人のいない心細さを感じているなら、しっかり感じてあげたいと思うんだ。


未来を不安がる余裕がない。

今日も生きられたこと

一日が無事に終わりそうなことに

安堵して涙が出そうになる。


私の寿命は一日かぁ。

短いな(笑)