左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

ブログを残したい

f:id:nonamed:20200605180415j:plain
結局「ブログを残したい」って願いはダミーだったんだけどさ。

でも「何かを残したい」って一瞬でも思えたことが大きな変化だった。

だって私、何も残したくなかったんだもの。

周りが「自分の遺伝子を残したい」と言って子どもを産んだり、「大きな成功や功績を残したい」と言って仕事や事業に燃えたり、「名前を残したい」と言って革命を起こそうとする傍らで私は、

「私の存在を跡形もなく消し去りたい、消えてなくなりたい、最初から存在していなかったことにしたい」

と思っていたんだもの。

そんな私が、何かを残す気に一瞬でもなったことが嬉しかった。