今日もどこかで生きている

生まれてきてよかったと思える人生を。

太陽と月の物語

時計の文字盤の上を、太陽と月が巡る。


太陽が真上に昇るとき、月は真下に夜を待つ。


月が真上に昇るとき、太陽は真下に朝を待つ。


時計盤の中心で、人々は朝と夜を繰り返す。


朝は太陽の下で鉄を打ち、炭鉱を掘り


夜は月の下で薪をくべ、唄を聴く。


同じ時刻に鳴り響く旋律は、天空の支配者の入れ替わりを指し示す。


太陽は目覚めを、月は安らぎを司る。


時計の文字盤の上を、太陽と月が巡る。


両者が決して同じ舞台に昇ることはない。


同じ軌道を繰り返す、太陽と月。


生業を繰り返す、朝と夜。


太陽と月の物語。



こんなイメージのからくり時計、ないかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村