左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

小箱ショップ説明会

f:id:nonamed:20161001174517j:plain
港南台コミュニティカフェにて、来月に新規オープンする新川崎コミュニティカフェの小箱ショップ説明会に参加しました。

小箱ショップのオーナー(予定)の方たちにお会いすることすら初めてなのに、いきなり私もオーナー側に立ってこの場にいるなんて、内心もう信じられなくて!

「やりたい!」という気持ちだけてここまでやってきました。
というより、それ以外はわざと考えないできました。
やってみたいけどお金が……
売れるか分からないし……
みんな凄い作品を作っているのに私の作品が通用するのか?…………なんて、そんなのいくらでも頭をよぎります。そこを考え出したら、私はきっと前に進めなかった。立ち止まってた。それが分かっていたから勢いだけで契約まで結んで、あとはいよいよ新川崎タウンカフェがオープンして作品を出すぞ!というところまできて、勢いが少しだけ落ち着いた今、怖さがじわじわと襲ってきています。

怖い!
怖い!
怖い!
泣きそう。

私の人生において、未知の領域に足を踏み入れている今この瞬間がめちゃくちゃ怖い!
手続き系なんてこれまで一人で出来なかったくせに、よくここまでやれたな!
本当、勢いだけでつっ走ったんだと思いました。今だって膝がガクガクしています。

でも後には引けない。ここまでやったんだ、やるしかない。
自分で賽を投げた。医者だって匙を投げた。あとはもうやるだけ!

膝ガクガクの状態で材料を買いました。
ここまできたらとことん、やりたいことを全力でやります!