左目から見た世界

好きに生きるわ。

選択理論心理学 リアリティセラピー研究会

f:id:nonamed:20180310222914j:plain
Mさんからの紹介により、アチーブメント株式会社 リアリティセラピー研究会のワークショップに参加しました。
f:id:nonamed:20180310223155j:plain
今回のテーマは『上司部下/マネジメント編』。

ワークショップは大体月一で行われていて、1月〜3月までの共通テーマは

「解決のサークル」の内側

でした。

以下よりノートに書いたものを記載します。
↓↓

【選択理論心理学について】

・選択理論心理学の前は「コントロール理論」という言葉を使っていた。

・外的コントロールの考え方とは「外から刺激がきたからこの反応になったんだ」という考え方。

【コントロールしたい時に出がちな言葉】

・売上成績を上げさせる言い方

・自己評価させる

・モチベーションを上げさせる

・行動を変えさせる

・部下の態度を変えさせる

・喜ばせる

「させる」=相手を変えようとしている


………以上(笑)

私がついていけるレベルなんてこんなもんっすよʅ(◔౪◔ ) ʃ


座学の次はロールプレイング。

1テーブル4人で、架空の職場関係役を交代しながらやりました。

架空の職場の登場人物のプロフィール。
↓↓

職場は、トイレを売る営業がメインの会社。

五反田係長 男性 45歳
職場の雰囲気が悪くて困っている

大崎 男性 57歳
営業に出たら何をしているのかの報告もしない、時間も言わない。黙って直帰することもある
売上数は部内で一番いい
部下の渋谷にガミガミいう

渋谷 男性 28歳
客と喧嘩する
喧嘩したことを報告しない
売上あんまりよくない
作業が遅い

目黒 女性 35歳
やり手
職場の雰囲気が嫌いで大崎にガミガミいう


設定がしっかりしている/(^o^)\

メンバーのうち、私以外みんな男性で、リアル上司と部下(もしくは先輩と後輩)の経験あり。

なので皆さん、役に入り込みやすかったみたい。

逆に私は入り込めなくて苦労した!(笑)

57歳 男性 五反田係長役もやりましたが、33歳 女性 主婦の私が彼の気持ちなんて分からんよー!。・゚・(ノ∀`)・゚・。


最終的に五反田係長は、部下の勤務態度とか一切触れず、部下側に「〜したい」と自分から言わせたのでした。

座学もいいけど、ロールプレイングをやることによって、体感できるのがいいですね。

選択理論心理学、面白いかも(≧▽≦)

それに、グループの方たちがとても親切にしてくださいました。ありがとうございました♪

またお会いできたら嬉しいです(*´ω`*)


おまけ*
f:id:nonamed:20180310224641j:plain
面白いとつい、本とか買って読みたくなるけど

今までそれで結局読まなかった本が何冊あることか。