今日もどこかで生きている

生まれてきてよかったと思える人生を。

日本酒祭

5月のこと。


f:id:nonamed:20150712085432j:plain
なんば高島屋で開催された日本酒祭に、夫とふたりで参加してきました。

すーごい人だかり。
大阪に、日本酒ファンが一斉に集結した感じ(笑)

参加者一人ずつにお猪口が渡されて、気になる日本酒を一杯ずつ試飲できるシステム。
昼間っからお酒を飲む背徳感(?)も、皆でやると祭りだな(笑)
f:id:nonamed:20150712092042j:plain
夫と私は全てのブースを回ってから、最後に気に入った日本酒を購入するつもりだけれど、中にはカートに日本酒を山盛り積んで回っている人もいた。
金額にしたら凄いことになるけど、全国の日本酒が一ヵ所に集結することって早々ないものな。
考え方によっては、全国を回るよりここで一気に買った方が安上がりかもしれん(笑)
要するに、日本酒ファンの熱意は凄いってことだ。

夫と私は、気に入ったものを1瓶だけ買った。
そこは、徒歩&電車で来たやつの持ち運べる限界量だw
f:id:nonamed:20150712092553j:plain
更に別のスペースでは、酒のアテや全国の特産品を売る店があった。
そこで熊本名物カラシ蓮根を購入。

私はカラシ蓮根がどういうものかは知っているが、食べるのは初めてだ。
テレビで見たものはスライスカットされていたけど、こちらは揚げたまま渡されたので、そのままガブッといくことにした。


鼻がもげるかと思った。


蓮根の穴に詰められたカラシが、一気に鼻を駆け抜けて脳を突き破りやがった。そんな感じ。
反射的に涙が出た。
カラシ蓮根、噂には聞いていたけどこれほどとは!

私はそこでギブアップした。
残りは夫が食べた。
「食べ方が悪かったな」と言われた。
コツがあるなら先に教えて欲しかった。

カラシ蓮根、素人は無闇に手を出さないことをお勧めする。
f:id:nonamed:20150712094348j:plain
一本義 蔵元は福井県

数々の日本酒を飲み漁り、最後に夫が決めたのはこれだった。
日本酒度-11という、超甘口のお酒だ。
甘口だからいくらでも飲めてしまう、ちょっと危険な奴でもある。

今夜は一本義を主役に宴会だ(笑)
f:id:nonamed:20150712095220j:plain
5月 晩ごはん

サヨナラだけが人生だ。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村