左目から見た世界

好きに生きるわ。

chiroの巡るごはん 67

f:id:nonamed:20140917191905j:plain
この時の、不気味な物体についてお話しします。
そう、その白くて四角いやつね。手前じゃなくて奥の方ね。
これ、義実家に行ったとき、義母さんからもらいました。
義母さんの嫁入り道具だそうで、軽く見ても30年前の代物には違いない。
これは陶器で作られた、レンジオッケー、オーブンオッケー、直火オッケーの優秀な料理鍋らしいです。
うっかり存在を忘れていましたが、急に思い出して使ってみました。
f:id:nonamed:20140919130355j:plain
鯖缶を使ってみたかったの!」
これが切っ掛けだったのは間違いありません。
私のチャレンジャースイッチがオンしました。
f:id:nonamed:20140919130506j:plain
レトルトカレーを入れてみたの!」
この時の私は完全にどうかしていましたが、ハイなので何がどうおかしいか全く分かりません。
f:id:nonamed:20140919130630j:plain
「ジャガイモとケバブを混ぜたの!」
意外と美味しかったですが、ケバブが思ったよりも辛かったです。
ケバブは缶詰を使いました。


マルハニチロ チキンケバブ
f:id:nonamed:20140829164948j:plain
画像はお借りしています


しかし、ふと不安が過ります。
「私……本当にこれでいいの……?」
f:id:nonamed:20140919131724j:plain
「なにを混ぜたし…………ホアッ!?」
目が覚めました。
「違う……いくら栄養が摂れるからって、見た目を犠牲にするのは違う!私が求めているのはこういうのじゃない!!」
完全に目を覚ました私は
f:id:nonamed:20140919131956j:plain
キャベツを敷き詰めました。
やはりどこか、覚めていなかったのかもしれません。
f:id:nonamed:20140919132049j:plain
「卵を入れたらたんぱく質も摂れちゃう~キャハッ☆」
恐ろしいことに、まだ道を踏み外していることに、私は気づいていないのです。
f:id:nonamed:20140919132529j:plain
「あっねえねえ、しめじ植えてみようよしめじ」
そう言って30分、無心でキャベツの隙間にしめじを植えていく姿は、狂気の沙汰としか思えませんでした。
f:id:nonamed:20140919132645j:plain
「しめじ植えんの大変だからささみにしよ!キャハッ」
この辺りで唐突に、現実に戻ります。
「なにやってんだろう私……?」
f:id:nonamed:20140919132830j:plain
これがデータフォルダに残された、最後の写真です。
陶器鍋を、キャベツと魚肉ソーセージごと消し炭にしたところで目が覚めました。

今、この陶器鍋は、黒歴史ごと棚の奥に大切に仕舞われています。


PS 義母さんへ
鍋 返してもいいですか。



おまけ

後日の朝ごはん
f:id:nonamed:20140919125834j:plain
やる気が感じられない(笑)



お知らせ☆
ロイヤルウイングの特別優待割引券を無料で差し上げます。
欲しい方はこちらをご覧ください。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村