左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

宮島 紅葉谷登山ルート 3

f:id:nonamed:20160105100656j:plain
伐採された丸太があちこちに積まれている。
資源のためか、倒れる前に切り倒したのか分からないが、長い間放置されているようなものもたくさんある。
f:id:nonamed:20160105101434j:plain
先ほど、大学生くらいの男性グループとすれ違った。
息を切らしている私とは違い、彼らは「グリコ・チョコレート・パイナップル」をしながらゲラゲラ楽しそうに階段を登っていた。
f:id:nonamed:20160105101816j:plain
彼らもまた普段着で、私と同じように、思い付きとノリでやって来たのだろうと伺える。
体力も全然余裕そうだ。
きっと、私がここまで登ってきた倍の時間をかけてゆっくり登ってきたのだろうと思う。
わざわざ宮島に来てまでジャンケンしているのかと、内心おかしくて仕方がなかった。

ふと思ったことがある。
もし私が、きちんと登山服を用意して、きちんと計画を立てて、ふざけず真面目に山を登ろうとしていたら、彼らを見てイライラムカムカしていたかもしれない、と。
こっちは真面目に必死に山を登っているのに、あいつらはふざけている!なんて。
人それぞれの楽しみ方があるんだからいいじゃないかなんて思う余裕もなかったかもしれない。
余裕がないのは彼らのせいじゃないのに、自分で決めすぎて余裕をなくしているだけなのに、「あいつらが悪い!」って、以前の私ならきっとそう思っていた。

今はそんなことしなくても平気。
目の前でふざけているやつらがいても全然平気。
だって私も他の人から見たらふざけているもの(笑)
前もって登山すると決めていたらありえない格好で山を登っているんだ。
決めていなかったから、思い付きで行動したから、こうなった。
そんな自分を、私は許している。

多くを決めない余白だらけの自分を良しとしている。
そして結果的に、真っ白だった予定に宮島や登山が舞い込んできて、私はそれを楽しんでいる。
余白だらけだからどんなことも出来るし、受け入れられる。
もし一声かけていれば、私もジャンケンに入れてもらえたかもしれない。
余白があるからこそ自由度も高い。
余白って、余裕って、いいことがたくさんあるかもしれない。
f:id:nonamed:20160105102334j:plain
気持ちとは裏腹に、体力はついてこないけど。
f:id:nonamed:20160105104758j:plain
でもほら、空が開けてきた。
まだ山頂には着かないけれど、それでも空が近くまで来ている。
f:id:nonamed:20160105104903j:plain
ここに来てこの階段。
くぅ、キツい。
f:id:nonamed:20160105104930j:plain
どんなにキツくても、写真を撮る余裕だけはある(笑)
f:id:nonamed:20160105105015j:plain
下山する人に、「一人で登っているの?」とびっくりされた。
私から事件の臭いがしたのだろうか?
安心してください、履いてます。(何が)
f:id:nonamed:20160105105216j:plain
切り株までふざけている(何が)
f:id:nonamed:20160105105429j:plain
下山する人があとを絶たない。
そうだよなぁ、時間的にあとは下りるばっかりだよなぁ。
それでも それでも
f:id:nonamed:20160105105537j:plain
弥山原始林碑石

私はついにここまでやってきた。
原始林の中をひたすら登って
登山コースとロープウェーコースの交差点までついにやって来たのだ私は。
ここまで来ると怖いもんなんかないわふふふ。
f:id:nonamed:20160105105820j:plain
階段ばかり登ってきたから、急にこんなツルツルした坂道に出くわすと動揺する。
f:id:nonamed:20160105105951j:plain
大きな岩と狭い道に挟まれて、感覚のない膝を休めるようにゆっくり歩く。
f:id:nonamed:20160105110053j:plain
するとこんな景色に出会えるものだから
足を止めずに進んできてよかったと思う。
そうでなければ、見られなかった光景だから。
f:id:nonamed:20160105110139j:plain
瀬戸内の海と、浮き島
天気がいまいちだから絶景とは言えないかもしれないけれど、今の私にとってはこれ以上ない絶景だ。
でもまだ、ここは山頂ではない。
途中でこの景色なら、山頂にはどんな光景が待ち臨んでいるんだろうな。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村