左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

洗いもの

f:id:nonamed:20150206185132j:plain
毎日毎日、朝からこんなにたくさんの洗いものが出ます。(昨晩の夫の夜ごはん分も含めて)

まだ洗っていない平皿やおはし、スプーンなどを含めると、もっともっと洗いものが出ます。

うちは夫婦だけでこの量ですから、大家族の洗いものは本当に大変でしょうね。


実家には食洗機がありました。

まだ実家で暮らしていた頃は、家族5人暮らしで毎日たくさんの洗いものが出ていました。

手洗いじゃキリがないからと、母が食洗機の購入を決めて、実家の食洗機歴は約10年。

結婚するまでは、いつの間にか私も、食洗機で洗うのが当たり前になっていました。

でも今は、水道からお湯を出して、ひとつひとつ手洗いをして、ふきんの上で水気を取って、またひとつひとつ布巾で拭いて片付けています。


家事の中で洗いものが大好きです。

一回の洗いもので、30分はかかります。

それを1日最低2回、多い時だと4回洗ったりします。

中には鍋物などの大きな器具や、細部をこするのが難しいグリルを洗ったりもします。

そうなると、もっともっと時間がかかります。

でも、それでもやっぱり洗いものは好き。

蛇口から出る温かいお湯に触るのが好き。

自分で選んだ食器をひとつひとつ触るのが好き。

石鹸の泡を落として、付近の上に並べた食器を眺めるのが好き。

BGMをかけて、鼻歌を歌いながら片付けるのが好き。

食器を洗いながら、いろいろと考えるのが好き。

「今日の夜ごはんはなに作ろうかな」って考えるのが好き。


「食器洗い」という作業の中に、大事な時間がいっぱいいっぱい詰まってる。


拭き終わってテーブルの上に並べた食器を見ると、なんとも幸せな気分になります。

見るたびにいつも、「これはここで買ったんだよな~」「買ったとき、本当に嬉しかったな~」って、ひとつひとつ思い出してはにやけたり(笑)


効率を考えて、食洗機を導入した実家は、それはそれで正しかったと思う。

でも私は、きっとこれからも自分の手で洗うことを選ぶと思います。

私が外に出て働かない限り、私が家にいて家事をする限り、きっと。

これは、私の大事な時間だから。


これからも、大事なものや時間が増えていくといいな。

増やしていきたいな。

うんうん 今日もよく頑張った♪