左目から見た世界

好きに生きるわ。

chiroの巡るごはん 163

f:id:nonamed:20150710155228j:plain
一昨日の朝ごはん

作りすぎて、夫が少し残してしまった。


実は私、夫が飯を残すのがすっっっげぇ嫌だったんだ。

(実は って話でもないな(笑))

もっと言うと、夫が残したものを自分が食べることになるのが嫌。

夫のことが気持ち悪かったり、他人が箸をつけたものを食べることに嫌悪感があるわけではない。


夫が残したものを自分が食べるのが、残飯処理係みたいで嫌だったから。

残飯食わされてる = 大事にされていない
という思いもあったから。


今見ると、凄い理由だな。
「残飯食ってくれ」って頼まれたわけでもないのにw

それで最初の頃は、私も自分の本音がちゃんと分かっていなかったのもあって、「毎日何時間も台所に立って作っているのに、それを簡単に残されると腹が立つ!」と言って夫を責めてしまっていた。

それ以降、夫はどうしたかと言うと


ごはんを見て量が多いと思うと、顔を歪めるようになりました。

食べたくないもの、美味しくないものを見ると顔を歪めるようになりました。


自分の意見を、口で言わなくなりました。

その代わり、嫌な顔をするようになりました。



それがまためちゃくちゃ嫌で、
「言いたいことがあるなら口で言ってよ!言わないくせに顔に出して察してもらおうとするなんて鬱陶しい!!」と、またまた夫を責めまくり。


夫の口を封じたのは自分なのにねw


それで、夫にごはんを残されるのが嫌な理由を「頑張って作ったものを残されると腹が立つ」と誤解したまま、2~3年の時が経ち、ふと思った。


「自分が夫にやっていることは、何かがおかしい」 と。


それから夫にお願いした。

「ごはんの量が多い時はそう言って欲しい。私はきみじゃないから、顔に出されても何が言いたいのか分からない。嫌な思いをするだけだから、言いたいことがあるなら口に出して聞かせて欲しい。ごはんを残しても、私は怒らないから。残したい時はそう言って欲しい。」 と。


夫は「残されると腹が立つ!」と言われたことに対しての不満を漏らしてから、私の頼みをOKしてくれた。


その後夫は


ごはんを見て量が多いと思うと、顔を歪めます。

食べたくないもの、美味しくないものを見ると顔を歪めます。

自分の意見を、口に出しません。

その代わり、全部顔に出ます。



何も変わっとらんやんけーーー!!



と、またまた夫に対してキレるキレる。

その度に夫は、

「残すとまた文句を言われると思った。」

「残して責められるのが嫌だった。」

と言う。



だから残しても怒らんと言ってるだろーーー!!(もう怒ってる)



そんなことが、何度も何度も起こった。

さすがにうんざりしていた。

そして今回の朝ごはんも、量を見てあからさまに顔を歪める。


それに対して、イラッとし……………………たけれど、ふと思い当たるところがあった。


夫は、「勝手に思い込んで、勝手にネガティブな印象を作り上げて傷ついている」だけだ。


そして私が、夫にそれをやらせているんだ。



その時、記憶が急にフラッシュバックした。


                                      • -


私が、小学生だった頃。

私は、人並みにごはんが食べられない子供だった。

学校の給食も、みんなと同じ量を注がれたらとても食べきれなかった。

なので、給食時間に食べきれなかったものは、残飯として残してた。


それが“悪”だと、私は皆から責められた。

「給食を残すのは悪いことだ」と。

「世界には、ごはんが食べたくても食べられない子供たちがたくさんいるんだ」と。


クラスのみんな、担任の先生、みんなから一斉に責められた。

そして私は、給食の時間に給食が食べきれないと、そのまま給食を食べ続けさせられるようになった。


昼の休憩時間になっても。

掃除の時間になり、皆が箒や雑巾を振り回す中でも。

五時間目の授業が始まっても。


私は給食を食べ終わるまで、ずっと食べ続けさせられた。

皆が授業に集中している間、私だけ給食を食べ続けさせられていた。

涙が出そうになるほど屈辱だった。




                        • -


その時の記憶や感情が一気に流れ込んできて、やっと私は、「夫の食べ残しを食べることが、残飯を食べさせられているようで嫌」と思っている理由を理解した。



憎かった。


すげぇ憎かった。


クラスのやつらも、食べ終わるまで食べ続けさせやがった先生も。


殺してやりたいほど憎かった。


それなのに


「みんなと同じ量を食べきれない自分が悪い」と思ってた。


違う


自分が悪いんじゃない


クラスで一番チビで体の小さい私が


クラスで一番背の高い男子と同じ量が食べられるわけがないだろ!


間違ってるのはみんなだ


間違ってるのは先生だ!


それをずっと我慢してて


埃が舞う汚ったねぇ教室の中で給食を食べ続けさせられた。


許さない


絶対に許さない!!



私はあの時のこと、めちゃくちゃ恨んでて


平気でごはんを残そうとする夫に復讐してた。


その時自分が何をしていたのか理解した。


私が夫にしていたことは


あいつらと、同じだった。




私は、その時の出来事を夫に話した。

給食時間にひでぇ扱いを受けたこと。

それが元で暴走してしまったこと。

これまで自分のやってきたこと、初めて夫に「ごめん」と謝った。



夫が初めて、私の話に耳を傾けてくれた。
ような気がする。


それから夫は、改めて私に 「飯の量が多い時は言う。少なくしてほしい時は予め言うようにする。」 と約束してくれた。

そして、これまでごはんの量が多い時があったことも、 「悪意があったわけじゃないことは分かってる。chiroはあまり夜飯食わないから、朝は腹が減っているんだろうしな。」 と言ってくれた。


飯の量が多いのは、自分の腹が減っているからだとバレていた。


分かっていて今まで付き合ってくれていた夫に、感謝。


f:id:nonamed:20150710172148j:plain
昼ごはん 人参スープと、朝に夫が残したもの

自分の気持ちを理解して、夫に話したその日から、私は夫が残したものを食べてもいいと思えるようになった。

夫は、「食べたくなかったら捨ててもいい」と言ってくれていた。

でも私は、食べ物を捨てるのは嫌いだ。

「夫の残したものは食べたくない、でも捨てたくない」ものだから、夫の残したものはそのまま夫の夜ごはんに出していた。(自分が残したものは自分が食えと思っていた。)
それが嫌で夫の機嫌も悪かったというわけだ。


自分はただ

自分に気持ちを理解してほしかっただけだった。

夫の残したものを本気で食べたくないわけじゃなかったから

気持ちを理解してやるだけで、食べられなかったものが食べられるようになった。


本当、物事一つ見ても

いちいち「原因」があるから、「ラクに生きる」って大変かもしれない(笑)

でも、ラクに生きられるようになれれば

これほど自由で楽しい世界はないかもしれない。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村