左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

自家焙煎珈琲 KIEFEL

6月のこと。

夫とふたりで本町方面に出かけた。
その時に喫茶店に立ち寄った。
f:id:nonamed:20150711111842j:plain
自家焙煎珈琲 KIEFELさん。
なんばウォーク内にある、黒を基調としたお店でよく目立っている。
たまたまだと思うけど、店内にいるお客の服装がみんな黒だった。
私だけ違う色を着ているので浮いている(笑)
f:id:nonamed:20150711112422j:plain
中煎の珈琲を注文してみた。

私は深煎が好きなので、それがあればそれしか注文してこなかったけど、今回は中煎に気が向いた。
深煎よりあっさりしているけれど、これはこれで飲みやすい。
でもこれ以上あっさりすると好みではなくなるだろうなと思った。
たまにはいつも飲まないものを飲むのも良いもんだ。

私は珈琲が飲めるようになってから、珈琲カップを見るのにハマっている。
見るだけでなく、実際使ってみるのも楽しい。

できることなら、気に入ったカップは手当たり次第に買い集めたい。
しかしそれは、家のスペース的に厳しかった。

そこでふと思った。
喫茶店に行けば解決するんじゃね? と。

私は別に、珈琲カップを家に置くことにこだわってはいない。
珈琲カップを使いたいだけだ。
珈琲が飲みたいだけだ。

喫茶店に行けば、それが全て解決する。
家にない珈琲カップを見ることができる。
使うことができる。
更に、職人の淹れてくれた珈琲を飲むことができる。
万々歳じゃないか。

それから私は、喫茶店やカフェに入るのも好きになった。
頻度は月に1~2回と多くはないが、初めて使う食器や美味しい珈琲を楽しんでいる。
たまに、デパートなどに寄って食器を見ることもある。
買うこともある。
私はそれが楽しいと思う。

KIEFELさんの珈琲カップ、花柄で可愛いね。
良いと思う食器を使って、「欲しいなぁ」と思うこともある。
私の家の食器は、そんな私の気分でコロコロ変わることもある。
食器棚という小さなスペースさえも、そうやって日々変化している。

そんな変化を楽しみながら、今、家で自分の淹れた珈琲を飲んでいる。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村