左目から見た世界

生まれてきてよかったと思える人生を。

レオパレス

体重が落ちすぎて

体力が落ちすぎて

医者からとうとう、これ以上の抗がん剤治療は命を縮めるだけだと言われ

抗がん剤に治療の全てを託していた母が、その一言で絶望を味わったのは嫌でも分かった。

母はとても退院できる状態ではない。だけど長く入院させてももらえない。

そのため緩和ケアに強い病院への転院を急ぐことにした。
↓↓

f:id:nonamed:20150829155231j:plain
安芸市民病院の近くにて

弟がレオパレスを借りた。

病院から近いため、病院から連絡が入った時に駆けつけやすいからと。

で、誰がここに住むのだろう?と思ったら、なんと私が住むことに。


私は広島に長期滞在する予定だけど、住む場所がない。

実家は祖母がいる。

私と祖母の関係はすこぶる悪い。

一緒には住めない。

これから母につきっきりになるのが分かっているのに、祖母の相手までしていたら私が潰れる。

今がどちらかを選ばねばならない状況だというなら、私は迷わず母を取る。

それだけ祖母より母の方が大事だった。


そんな感じで、下手すれば広島にいる間は野宿になるかもと思っていた。

弟のおかげで住む場所を手に入れることができた。

すまぬ弟、ありがとう!
f:id:nonamed:20150829161332j:plain
洗濯機、IHキッチン、シンク、冷蔵庫、トイレ、風呂、シャワー。
f:id:nonamed:20150829161431j:plain
テーブル、椅子、テレビ、収納たっぷり。

思ったより充実した設備。住みやすそう(•ө•)

弟と私が運び込んだ荷物で部屋がアップアップしているけど(笑)
f:id:nonamed:20150829161826j:plain
二段階段を上ったところが寝床。

階段も収納スペースになっている。おもしろい。


人一人住むのがやっとなくらい狭いけれど、すっごく快適。

実家よりも居心地がいい。

何より祖母の気配にビクビクしなくていいし、ギスギスした空気を感じなくていい。

ホッとする。



ホッとするし愕然とする。

本当、どれだけ嘘ばっかりだったんだろう。

何が家族だ。

どの口が家族を主張するんだ。

家族だから仕方なしに一緒にいただけじゃん。

だってそうじゃないか

私たち、血の繋がり以外に接点ある?

誰も誰にも相談できない、助けてと言えなかったくせに。


私も母も

引きこもりになってまで何を守りたいんだ。

癌になってまで何を守ろうとしてるんだ。

私はこんなもの認めない。

家族と言いながら

みんな一人ぼっちで孤独じゃん。

この在り方を家族だなんて思いたくない。

これを家族と言うのなら

私は家族なんていらない。

最初から一人の方がずっとマシだ。


私、血の繋がりに絶望してる。

家族というものに絶望してる。