今日もどこかで生きている

生まれてきてよかったと思える人生を。

「何をして生きたいか」と思うよりも

私の場合、
「何をして生きたいか」
と思うよりも
「何をして死にたいか」
と思う方が
生きる目的もやるべきことも
明確にしやすく
自分がどういう人間か
理解しやすかった。